消費者金融


社会人ではない学生がお金を借りる方法として、親や友達などから借りる方法以外にみなさんなら何を思い浮かべるでしょうか。どうしても学生であるがゆえに収入が安定していないのが一般的な学生であると思いますが、そんな学生がお金を借りる方法として、消費者金融から借りるというのが一つの方法として考えられます。消費者金融というと、学生は借りられないのでは、と考える人も多いかもしれませんが、20歳以上の学生であれば対象となっており、絶対に借りられないということではないのです。

お財布大手銀行のカードローンでもお金を借りることはできますが、銀行は審査が非常に難しく学生であるというだけで審査すらしてもらえない銀行もあります。そんなときには消費者金融を使うのも一つの手でしょう。大手銀行よりも審査は緩いですし、基本的にお金が必要になった場合はすぐに融資してもらいたいという案件が多いので、その点については消費者金融は銀行よりも優れていると言えるでしょう。また、金利も1ヶ月無金利といったところもありますので、借りる側としては嬉しいところです。

ただし、消費者金融を利用する際の注意点として、大手消費者金融ではなく、いわゆる街金と呼ばれる地域に密着した消費者金融の中に法外な利息を搾取するヤミ金もいますので、消費者金融を利用する際にはコマーシャルなどで大々的にPRしている大手消費者金融を利用することをおすすめします。


学生ローン


大学生や専門学生などのいわゆる高校を卒業して勉学に努めている人のことを一般的に学生と呼びますが、そんな学生がどうしてもお金が必要になった場合で自分で働いたアルバイト代や親などからもお金をもらうことができない場合、どうやってお金を工面すれば良いのでしょうか?

ポニーテール学生がお金を工面する方法として、まず思い浮かぶのが学生ローンではないでしょうか。この学生ローンは学生を対象にした貸金業者ですので、消費者金融などと比べると金利が低く逆に学生といった身分を逆手にとって利用することができるカードローンの方法です。また、学生ローンは大学生以上であれば10代の利用者にもお金を融資することができる為、10代の学生はこの学生ローンに頼るといったことも多いです。通常の消費者金融などは20歳以上の成人を対象としているため、借りたくても10代の利用者は借りることができないのです。

ただし、10代の学生がこの学生ローンを利用するにあたって、未成年の扱いになりますので親御さんの承諾が必要となってきます。カードローンと言っても借金であることに変わりはありませんので、万が一その借金を返済できなくなってしまったときには未成年の利用者は親に頼るしかないということでしょう。


大手銀行のカードローン


学生がお金に困っているときに融資をお願いするところとして、学生専用のカードローン会社や大手消費者金融など方法はいくつかありますが、一番安心で安全なところと言えばやはり大手銀行のカードローンと言って良いでしょう。

しかし、大手銀行のカードローンと言えば、社会人の人でも少し敷居が高いように感じられ、なかなか融資審査に通ることができないというイメージがあります。やはり、審査という面では学生も同じ条件であり、融資をしてもらえる可能性としてはあるもののなかなか難しいというのが現実です。

女の子とノートまた、大手銀行のカードローンでは、生活費などの理由でお金を借りることは基本的にできず、やはりなんらかの理由で安定した収入があり、起業をするなどの理由がある方でないと学生の方の融資は難しいでしょう。
ただし、銀行によっては学生の融資を不可としている銀行もありますので、銀行で融資を相談する場合にはまず学生でも融資相談が可能かどうかのチェックをする必要があります。

前述した通り、学生である場合に借りられる方法はいくつかあり、その中で最も安全なのは確かに大手銀行のカードローンであると説明させていただきましたが、同時に学生が大手銀行のカードローンを利用することは現実的に難しいということがお分かりいただけましたでしょうか。
従って、学費や生活費などのお金の工面をする場合にはこの方法とは別の方法でお金を融資してもらう方法を考えた方が良いと言えるでしょう。


学生を対象とした融資の種類


多くの学生が自分だけのお金で学校に通っていたり、生活をしたりするというのは現実的に難しいのではないでしょうか。学費は親が出していたり奨学金を利用したりと自己資金だけでは高額な費用の為、難しいでしょう。そんなときにお金の使用目的は人それぞれあるかと思いますが、収入が安定していない学生でもお金を借りられる方法はあるのでしょうか?今回は学生でもお金を融資してもらえる方法をご紹介させていただきます。

男の子学生がお金を融資してもらえる方法は大きく分けて二通りあります。一つはキャッシングで二つ目はカードローンです。一つ目のキャッシングとはいわゆるクレジットカードの利用です。そのクレジットカードの中でもショッピングに使用できるショッピング枠と使用目的が明記されていないキャッシング枠の二通りあり、カードローンとの決定的な違いは担保が必要ないというところです。

二つ目のカードローンですが、種類はいくつかあります。学生を対象とした学生ローンや大手都市銀行などのカードローン、そしてコマーシャルなどでも紹介されている大手消費者金融です。学生と言っても高校生以下の学生はお金を借りるということができず、大学生以上の学生のみお金を融資してもらうことができます。ただし、大学生以上ということは18歳や19歳といった未成年も対象になってくることからそのような未成年は学生を対象とした学生ローンでしかお金を融資してもらうことはできません。大手銀行のカードローンや大手消費者金融などのカードローンは20歳以上の成人を対象としていますので、学生であったとしても成人以上であればお金を融資してもらえる対象となるのです。