学生を対象とした融資の種類


多くの学生が自分だけのお金で学校に通っていたり、生活をしたりするというのは現実的に難しいのではないでしょうか。学費は親が出していたり奨学金を利用したりと自己資金だけでは高額な費用の為、難しいでしょう。そんなときにお金の使用目的は人それぞれあるかと思いますが、収入が安定していない学生でもお金を借りられる方法はあるのでしょうか?今回は学生でもお金を融資してもらえる方法をご紹介させていただきます。

男の子学生がお金を融資してもらえる方法は大きく分けて二通りあります。一つはキャッシングで二つ目はカードローンです。一つ目のキャッシングとはいわゆるクレジットカードの利用です。そのクレジットカードの中でもショッピングに使用できるショッピング枠と使用目的が明記されていないキャッシング枠の二通りあり、カードローンとの決定的な違いは担保が必要ないというところです。

二つ目のカードローンですが、種類はいくつかあります。学生を対象とした学生ローンや大手都市銀行などのカードローン、そしてコマーシャルなどでも紹介されている大手消費者金融です。学生と言っても高校生以下の学生はお金を借りるということができず、大学生以上の学生のみお金を融資してもらうことができます。ただし、大学生以上ということは18歳や19歳といった未成年も対象になってくることからそのような未成年は学生を対象とした学生ローンでしかお金を融資してもらうことはできません。大手銀行のカードローンや大手消費者金融などのカードローンは20歳以上の成人を対象としていますので、学生であったとしても成人以上であればお金を融資してもらえる対象となるのです。